2017 湖南右道井邑農楽・嶺南プクノルムWS

hansori

2017年10月7~8日、湖南右道井邑農楽・嶺南プクノルムWSを開催しました。
講師は2015年の湖南右道井邑農楽WSでも大変お世話になった、玄承勲(ヒョン・スンフン)・金素羅(キム・ソラ)の両先生。
2015年のWSでは思いの外褒められ?予定の3倍先に進んでしまいまして(笑)

今回は井邑農楽のソンバン・ソルチャンゴ(立奏でのチャンゴ演奏)の個人ノリ(パート演奏)を中心に、また嶺南(韓国東南部)のプクノルムの基礎も合わせてという何とも無謀ながら贅沢なWS。

▼前乗りで一杯。翌朝からのWSの打ち合わせを兼ねて。
IMG_9926.jpg

▼基礎動作の確認。右道農楽の源流である井邑農楽には原型のカラクが残されているといわれています。
IMG_9941.jpg

▼今年も多くの差し入れありがとうございます、準備万端です。
IMG_9930.jpg

▼さぁ、始めます!
DSC_0378.jpg

▼チャンゴを携えて。
DSC_0385_.jpg

▼個人ノリの重要な歩法確認や約束事などを確認。
DSC_0423.jpg

▼第一マダン・오채질 굿の履修効果がすこぶる大きいことを感じます。
DSC_0429.jpg

▼昼食後もガシガシと打ちながら進みました。
DSC_0459.jpg

▼初日お疲れ様でした。
IMG_9953.jpg

初日の続きです。

▼初日お疲れ様?ということで焼鳥。
IMG_9985.jpg


ここから2日目WS

▼2日目も朝から、じっくり、しっかり。
22281758_284356378748120_470859081705430458_n.jpg

▼映像確認。真剣な様子。
IMG_0026.jpg

▼模範演戯を見て…これはもうオーバーワークで無理だな~
IMG_0087.jpg

▼ダンスパーティーではない…(笑)
20171008.jpg

▼おお、新しい潮流か!?
DSC_0469.jpg

▼2日目もお疲れ様でした。
IMG_0059.jpg

▼翌日はあじびホールで「風物韓国」公演。出演もスタッフもみんなで協力。
IMG_0011.jpg

ミン・ヨンチ先生のWSでもそうだっとのですが、打法や歩法などの基本はもちろん、細かなニュアンスや味を理解できる能力が必要です。

呼吸というかグルーヴの良し悪しを判別する基準をいくらか持っていることが大切なのですが、こればかりはいろいろな公演に足を運び多くの先生方の演奏や姿勢を間近で見ないとこれはわからないのかなと思います。

韓ソリはサムルノリ・オリジナルメンバーの先生方や右道農楽の先生方、また新世代の国楽の先生方との知己や縁があり、またジャンルを問わず足繁く色々な公演や演奏を見に行くメンバーに恵まれ、それはもう感謝なのです。

基礎を理解して、頭でっかちで無味乾燥な演戯や個人ノリに陥らないよう、、、こうしたWSは特に必須なのですね~


Posted byhansori

Comments 0

There are no comments yet.