第15回百済武寧王生誕祭

hansori

2016年6月4日(土)佐賀県唐津市鎮西町加唐島(かからじま)で開催される第15回百済武寧王生誕祭の劇中にて演奏しました。加唐島での演奏は今回4年ぶりです。小さな島ですが、百済第25代王・武寧王の生誕地とされ、王の墓がある公州市と交流を続けています。

▼加唐島のパンフレットより引用、一部追加
『武寧王は 6世紀前半に活躍した百済の25代目の王で、百済国の中輿の祖とされている人物です。そして、この王の生誕にまつわる伝説が加唐島にはあるのです。『日本書記』は次のように伝えています。

「461年ころ、百済の蓋鹵(ケロ)王が、弟昆支(コンキ)を倭国に派遣する祭、臨月であった自分の側室を与え、途中で子が生まれれば百済に送り返すよう命じた。一行が各羅島(かくらしま)に来たとき、婦人は男子を出産。この人こそが『嶋君(せまきし)』と呼ばれた百済 25代武寧王である」

 この記述は長く伝説の域を出ませんでしたが、1971年、大韓民国・公州市の宋山里古墳から武寧王陵(2015年百済の歴史地区にて世界遺産登録)が発見され、王陵から出土した3,000点に及ぶ遺物や副葬品の中身の凄さと共に出土した墓誌石に加唐島での武寧王出生の記録が残されており、『日本書記』の記述が裏付けられました。』



加唐島と交流のある韓国・忠南公州市から韓国芸総忠清南道連合会の呉泰瑾会長はじめ演者の方々が数日前に来福、武寧王生誕祭打合せ。韓ソリは「武寧王誕生」の劇中演奏を担当します。雨天開催、荒雨時は学校の体育館での開催なので船が出航出来ない場合を除いて中止はありません。

▼打合せ
001_201612281415361df.jpg

003_20161228141538527.jpg

002_20161228141538c45.jpg

▼早朝、福岡を出発し名護屋漁港から乗船
01_20161228141632fdc.jpg

▼加唐島まで20分の船旅。
02_20161228141633d96.jpg

▼雨ですが海は凪で穏やか
03_20161228141634f6c.jpg

▼久しぶりに加唐島へ上陸
04_201612281416354d7.jpg

▼武寧王の父or叔父(諸説ある)にあたる昆支王役の若者と
05_20161228141637311.jpg

▼雨天だったので加唐小中学校の体育館にて開催
06_2016122814163919d.jpg

▼演奏前にパチリ
07_20161228141641c0b.jpg

▼公州側の踊りの出し物に合わせて
08_20161228141642f12.jpg

▼加唐島のみなさんの踊り
09_20161228141644999.jpg

▼右道農楽とサムルノリの中間のような短めのパンクッで
10_20161228141645e1b.jpg

▼出演陣で
12_20161228141646256.jpg

▼ティップリへ
13_20161228141648275.jpg

▼公州スタッフと出演陣で
14_201612281416503d4.jpg




▼終演後の海鮮バーベキュー
15_20161228141651bee.jpg

▼演奏よりこちらがメインか?
16_201612281416535ee.jpg

▼韓国芸総忠清南道連合会 呉泰瑾会長 감사합니다.
17_20161228141654aa2.jpg

▼こちらもありがとうございます
18.jpg

▼陽気な島でのティップリ
19_20161228141657a90.jpg

▼食べても食べても出てくる海鮮
20_201612281416590ab.jpg

▼武寧王誕生の地、オビヤ浦はこの浜辺後方
21.jpg

▼式典会場(雨天でテントをかけてますので青い)
22.jpg

▼2012年6月2日第11回武寧王生誕祭の時の写真
P1070239.jpg

▼プレートや碑が島内に幾つかあります
23.jpg

◆第15回武寧王生誕祭の様子は下記のリンクにもあります。

http://plaza.rakuten.co.jp/shigedoraku/diary/201606040000/

http://d.hatena.ne.jp/hidekun1188/20160616/1466035144

http://www.saga-shima-show.jp/news/?page=6


韓国芸総忠清南道連合会 呉泰瑾会長をはじめスタッフ、演者の皆さん、また受入れの加唐島の皆さん、運営ボランティアの皆さん、それから佐賀・公州間のコーディネートと韓ソリとの連絡調整をされた日韓伝統音楽交流事業実行委員会の井川さん、お疲れ様でした、ありがとうございました。

Posted byhansori

Comments 0

There are no comments yet.