韓ソリ チャンゴ教室 初級クラス募集

hansori

image_20160519213641e2d.jpg

2016年7月4日(月)から スタートします!


◆チャンゴの魅力
チャング(장구)とも呼ばれ、桐を刳り貫いた砂時計型の胴に動物の皮(犬、牛、羊、馬)を張った両面太鼓です。日本の鼓(つづみ)や雅楽の鞨鼓(かっこ)などと兄弟の太鼓です。両面は間に胴を挟んで紐で結ばれており、プジョンという革製の紐締め具を動かすことで容易に音色をチューニングがすることが出来、手や竹できたバチで打って奏でます。太鼓の両面はそれぞれ音も性質も異なり、陽を奏でる高音側の鼓面「ヨルピョン(チェピョン)」は天陰を奏でる低音側の「クングルピョン(クンピョン・プクピョン)」は地、その間にある胴は人、にあたります。天地人三才の思想があり、三才が調和しながら世界を奏でます。チャンゴを表わす漢字は「巫」です。字の如く、チャンゴとシャーマニズムは表裏一体なのです。

changou_drum.jpg
ニューヨーク公立図書館所蔵パブリックドメインデジタルコレクション Chang・gou チャンゴ(1888年)


チャンゴは西洋音楽でのピアノに匹敵し、単体で陰陽を奏で  ※長短・チャンダン(장단)を完全に表現しますのでソロ楽器としても演奏されます。チャンゴは長短の要であり韓国伝統音楽の基本ですので歌舞楽演戯はチャンゴの長短と呼吸を習得しなければ決して味と粋は出せないのです。

※長短・チャンダン(장단)
チャンダンとは、幾つかのリズム・フレーズを何種類も組み合わせたり、解いたりしながら歌や踊りの拍子・調子を構成する韓国独特のリズム・パターン。地方によっても違いがあり、100を超える種類があるともいわれます。


◆韓ソリ チャンゴ教室 初級クラス
チャンゴやサムルノリ、農楽などに興味のある方、また、民族音楽やワールド・ミュージック、パーカッションなどに興味のある方、この7月からチャンゴを打ってみませんか?リズムと呼吸に乗って身体を動かし興にのると心身ともに爽快リフレッシュできます。韓ソリ チャンゴ初級クラスでは、初めての方でも無理なく呼吸や打法・体の軸の使い方など、大切な基本や基礎をしっかりお伝えします。チャンゴを打つ楽しさ、息をあわせ長短に乗った心地よさを是非体感してください。
実際に打っていただけます、随時見学にいらしてください。また遠方でなかなか直接習える場所や楽器などがない場合もご相談ください。

【韓ソリの主要な活動演奏履歴はこちら

場 所:福岡韓国会館ホール(福岡市博多区博多駅前1-18-17)
開 講:7月4日(月)から (月3回)
日 時:毎週月曜日19:30~21:00まで
対 象:高校生以上
準 備:動きやすい服装、運動靴、タオル、飲み物
楽 器:チャンゴ、バチは貸与します(無料)
受講料:3ヶ月/15,000円
申込み、お問合せ:Eメール:hansori.jp@gmail.com ,または 電話:050-5881-5965 まで


Posted byhansori

Comments 0

There are no comments yet.