小学校での韓ソリ チャンゴ参加体験型WS(9~10月済)

hansori


9月17日、小学校で3年生を対象に韓ソリのチャンゴ参加体験型WSでした。毎年、福岡県内を中心に相当数のチャンゴを学校に持込み出来るだけ多くみんなが打って楽しめるように行っています。

P1220570_filtered_2014122810214643c.jpg
あまり見たことのない韓国伝統打楽器の音やサンモの動きにみんなは興味津々。
中にはソワソワとしだして本当に踊りだす子どももいます。

先生方と必ず事前に打合せをしていますが、日本の音楽授業、音楽鑑賞は静かにおとなしく聞くことに大きな神経を使っていますが、本来、音楽の姿はライブであり自由です。演者や周囲に大きな迷惑をかけなければ手を叩いたり体を揺すって音や興にノることは自然であり、そういうところは敢えて注意しないで下さいとお願いしています。レクチャーの時に少しざわついたりしても、もう3年生以上は聞き分けもよいのです。

P1220566_20141228102606754.jpg
体育館風景。

P1220626_filtered_201412281021473f5.jpg
ひと通りきちんと基本をレクチャーすると器用に打ち始めます。

P1220677_filtered_20141228102148921.jpg
呼吸概念は得てして子どもの方が上手です。
考えるのではなく見て聞くだけでチャンダン(長短)にノッた呼吸ができたりします。

ひと通り打つと、簡単な打音の組み合わせと両手の動きが一致しない難しさや即興の難しさなどと共に、打って出る音の爽快さや呼吸をあわせた厚い音の迫力などを実際に感じてこのチャンゴという楽器の奥深さに少し触れることができます。

P1220686_20141228102448248.jpg
アンジュンバンサムルノリでは実際にレクチャーしてみんなが打った内容を混ぜて。

P1220689_filtered_201412281025089bd.jpg
かなり距離が近いのです(笑)みんな楽しそうで何よりですが、自分の国の文化、外国の文化は共に尊重して大切にしていくことが平和につながるという話をした時はとても真剣な眼差しでした。

続いて10月半ば、こちらも毎年恒例で福岡市のお隣、糸島市の小学校での韓ソリ チャンゴWSです。
P1220755.jpg
こちらは在日韓国青年会時代の先輩が企画立案されて演奏にも参加して頂いています。
もちろん、こちらも参加体験型です。

IMG_3428.jpg

これは昨年も書きましたが、
「いつでも基本をしっかり行うこと、音に責任を持つこと。」
韓ソリ設立当初、金徳洙先生から頂いたアドバイスです。
そうした作業なしに味のあるノリのある興の湧く演奏はありえません。
とても大切な事だと思います。

韓ソリは
「ちゃんとチャンゴを叩ける人、また興味を持ってくださる方々」
をますます増やしたいと思います。

Posted byhansori

Comments 0

There are no comments yet.