糸島の小学校でのチャンゴワークショップ

hansori

前にも載せていますが、韓ソリでは10月24日に糸島の小学校でチャンゴの体験型ワークショップを行いました。
記事はコチラ→ http://hansori.blog47.fc2.com/blog-entry-103.html



在日韓国青年会時代の先輩と一緒に毎年サムルノリを演奏します。
韓ソリは音楽ですが、他にもハングルや韓国料理、チョゴリや遊びについてなどの体験授業を行なっています。
この小学校ではもう5年目になりました。

2012_1024_02.jpg
「年々、音楽室まで楽器の運搬がしんどくなるよ!」と冗談言ってましたが
いつも一生懸命に子どもたちに伝わるように丁寧に打ってくれて応援してくれます。

2012_1024_03.jpg
さて、WSでは順番決めてみんなガンガン打とうと頑張っています。

2012_1024_04.jpg
みんなで色々と試し打ちして、この太鼓の特性を掴んでいきます。

2012_1024_05.jpg
最初は力んでいますが、少し時間を取ると段々と力が抜けてきてとてもリラックスした良い感じになります。
楽器数の制約もありますが、出来る限り他の打楽器でも通じるように行えます。

2012_1024_06.jpg
口音を理解し幾つかの簡単なフレーズはもう既に打てるようになります。
また息を合わせた合奏のコツを教えると瞬く間にノリが出てきます。

2012_1024_07.jpg
ソンバンで叩くとステップや体の動きからチャンゴや韓国特有の長短(リズム)の性質をとても良く理解できます。

2012_1024_08.jpg
サンモのセンビジ(白いリボンのような)を興味津々という感じで見てました。

2012_1024_09.jpg
やってみたいという子もいましたが、さすがにソンバンやサンモは難しいと思ったようで。。。
近い将来、私たち韓ソリのチャンゴ教室に来てください(笑)


WS終了後、こうして丁寧にいつも感想文を送ってきてくれるのです。
子どもたちはWSと同様に感想も一生懸命に書いていて、何回も書いて消した痕があったり、つたないハングルで思いが伝わるように工夫して書いてくれてもいました。私たちもこの楽器や音を通じて伝えたかったことが伝わっていて本当に励みになりますし、こうした気持ち機会を大切にしていきたいと思っています。

Posted byhansori

Comments 0

There are no comments yet.